ちょっと 隙間が空きすぎちゃったけど 
今回のイタリア旅行の最大の目的、
La Biennale Arte 2011 di Venezia
ごいっしょに お楽しみ下さいね。

ホテルここがこのVeneziaでおせわになるホテルでーす   ホテル朝食
朝食もおいしー
しっかり腹ごしらえして しゅっぱーつ
サンマルコ港ホテルはサンマルコ広場のすぐそばだったんだけど
Veneziaは やはり『水の都』。 港が目の前です。

水上タクシー1
在くん、お得意の現地でのお値段交渉で水上タクシーに乗りました。
水タクシー2人   水タク4
最高気分でアッという間に、ビエンナーレ会場へ
出口看板   看板典
今回のテーマは 『ILLUMInations』『光・輝き』ってことかしらね

ではどーぞ
28イタリアこれも作品。

人気の展示を見るには、やっぱり並んじゃいました、フーー;
Jタレル順番   Jタレル赤
光のアーティスト、ジェームス・タレル。新潟の妻有にもあったよね、『タレルの館』。
4
これはスイスの作家、Mai-Thu Perretの『ネオンのピラミッド』


BMW衝撃の事故車、ぐっちゃぐちゃの展示です、
もちろん本物だよ33赤BMW
オペラ風なインタビューの画像もついてました。


34戦車これまた、本物のアメリカ軍の戦車。
車体をひっくり返した上で、ベルトコンベアーに乗った星条旗マークの
ランニング姿のおじさんが一生懸命に走っているというパフォーマンス付き。


お次ぎはなんと日焼けマシーンに入っている『自由の女神』
26自由の女神ブラックユーモアの最骨頂ね


25’   25
   光の使い方がとってもステキでした。


26    13   
この上の左側はナポリ在住のGiulia Pisciteelliの作品。



9’   9
       とにかく 展示がでっかいんです


29赤黒白29’
赤黒白の粘土だけなんだけど、よーく見ると右みたいになってるの
ねぇ、のむらアートでも、使えないかしら?



ちょっと 疲れちゃったーーー;  中庭典

お茶しよっと
お茶2   アイスレティ


ねぇねぇ 会場のなかでこんなオシャレなカフェがあったわよ、アートね、やっぱり!
カフェまり  かふぇ典   
       ランチぱすた

おつかれっ! また続きまーす


スポンサーサイト