FC2ブログ
2日目でーす
今回 ふくずみさんに ご案内いただいて とっても ラッキー 
だっていっぱい 回れたもの!!


125 「桔梗原・失われた窓」 (作 内海昭子)
窓

お天気も、景色も良くって、開け放たれた窓から、
越後の風が いっぱい吹き込んできたよー
(この作家さん、在兄の知り合いみたいよ)



132 「清津峡トンネル美術館」(作 山本浩二)
132トンネル暗 トンネルの中はこんなにまーっくら

でもね、目が慣れてくると  132トンネル明 
木材を炭化させてさらに黒くした作品群が ずらーり!

こんな展示もあるんやー


28 「ストーム・ルーム」(作 J・カーディフ 他)
28雨窓   28雨漏り

ごく普通の町家(昔むかしは町の歯医者さんだったみたい…)の
2階に上がると、、、そこはなんと
雨漏りピッチャンポッチャン受けのバケツ、
窓の外はざーっざーっと大雨
そのうち雷光が ぴかーーっ!!ゴロゴロゴロ…ばっりーーんっ!!
思わず 
きゃーっと叫んで 耳をふさぎたくなりました。
こんな仕掛けが作品だなんて!!
J・カーディフさんってだれよー?
えーっ!!カナダ人なんやーー!!




31 「再構築」(作 行武治美)
31鏡文男   31鏡底

3年前にも見てずいぶん衝撃を受けた作品。
今回は akaneにもぜひ見せたくって…。

何千枚もの鏡が、風とともにゆらゆら、
するとまわり一面のススキもキラキラ映って、、。

でもなんでこれが再構築(リストラクチュア)やねんやろー??


134「ポチョムキン」(作 カサグランデ&リンターラ建築事務所)
134ポチョムキン

名前もモノもちょびっと(コールテン鋼の壁)いかついけれど
こんな遊具あったらいいなーー!
でも 怪我しないでよっ


7 「うぶすなの家」
うぶすな2  うぶすな1   うぶすな3
うぶ4


築85年くらいの茅葺き古民家をやきもの美術館に再生。
囲炉裏もかまども、その古さが愛おしくて魅力的だったよ。
あっ、神奈川の高橋さんたちもふくずみパパさんも写ってるーー!
お世話になりました m(_ _)m

続く…
... 続きを読む
スポンサーサイト